"インターネットの世界をより面白く" SNH48,BEJ48,GNZ48,SHY48のインターネット活動を応援するブログ

※プレイヤーのない記事は画像が外部サイト(びりびり動画等)にリンクしています

カテゴリ:SNH 一期生 > 徐晨辰(CC/シュー・チェンチェン)

SNH48 TeamSII 心的旅程〈趙曄生日公演〉 新世界 莫寒 袁雨禎 袁丹妮 徐晨辰 20160925

SNH48 TeamSII 心的旅程〈許佳琪生日公演〉 新世界 莫寒 袁雨禎 張語格 徐晨辰 20160924  
SNH48 TeamSII 心的旅程〈吳哲晗生日公演〉 新世界 莫寒 袁雨禎 袁丹妮 徐晨辰 20160917

心的旅程、いまのところ僕は全公演見ているわけであるが(たぶん)
ここまで完成度が高いとは正直驚いた、全く飽きないのである
飽きないということはそれだけ中毒性が高いということ
中毒性があるというのはアイドルとしてもビジネスとしても人を引き付ける上で最も重要なこと
なによりステージにmomoがでてくるとメンバーも客席も一体になる
何事にも完璧すぎる性格はこの世界で敬遠されてしまうのだが
そんな彼女が今回キスに照れるあたりのギャップこそ日本人から言わせてもらうと一つの萌え要素である
momoが可愛く周囲に接するほど、そのギャップに惹かれる人間はいるだろう
もちろんそれは日頃しっかりしているという前提があってこそ
4年間、毎日のように見続けてきた者から言わせてもらえば
どの場所にいても彼女こそSNHそのものであり、今後も彼女を超える人が現れるのは難しいだろう
ただ一つ言うならばアイドルとして髪の毛ちょっと明るすぎ(笑)
そして同じ一期生のKIKIも衣装変えず二曲連続出演もサプライズ
この余裕さが一期生でありファンの安心感につながる
ゆえにSIIはこの心的旅程の公演でそれぞれの個性を開花できたと思う
会場から放たれるチームSIIの大きなコールこそ、SNHが誇る最大の武器である
その武器はどんなに資本力があったとしても決して得られないものだとうことを運営は肝に銘じてほしい
メンバーもファンもそれぞれの仕事を抱えたうえで劇場が全体のホームなのである
おかえりと ただいまが言い合える、そんなステージがここにあってほしい
あと最近はツイッターをやっているせいか、とある人を気にかけている
生誕祭のCCとは関係なくて申し訳ないのだが
SIIの沈之琳(シャオシュアン)は僕の好きなサッカーチームドイツ代表のファンである
もちろん返事こそないが それでも満足できるのがアイドルという特有の世界だ
サッカーの試合中に点を取ると、今喜んでいるかな?とかつい思ってしまう
今まで普通の人としてスルーしていた彼女だが、今はどんなに後ろや端にいても僕は気づくだろう
こういった何気ないSNSの投稿からつながることもある
早く世界中の人とSNH48のコンテンツを共有したい

↑このページのトップヘ