"インターネットの世界をより面白く" SNH48,BEJ48,GNZ48,SHY48のインターネット活動を応援するブログ

※プレイヤーのない記事は画像が外部サイト(びりびり動画等)にリンクしています

カテゴリ:SNH 六期生 > 程文路(ウェンルー)

あれからまた、いろいろ問題になってるウェンルー(詳しくは分室さんのブログ参照)ですが、僕は結構楽しみながら見ています
このブログでも以前、ウェンルーについて感想を述べた通り >>様々な噂が飛び交う六期生の程文路(ウェンルー)について
アンチが増えることと注目度の関係性はAKBではおなじみのこと
個人的にはエンターテイメントが信者だらけなら、それは宗教であるとも思っています
反発しあってぐちゃぐちゃの状態になった時に人間らしいドラマが生まれる、そう考えています
それこそ昔の前田チームAと大島チームKのファン同士の火花を散らした戦いを覚えてるでしょうか?僕はその頃を噂でしか知りませんw
さて、ここに秋元康の一つの名言があります

”アンチは無料の広告塔”
普通なら名前を売るってお金がかかるけど、それをタダで広めてくれるなんてありがたいこと
こんなにエネルギーを使って頑張ってくれる人はファンでもなかなかいない、と。
前田敦子も指原莉乃も峯岸みなみも、それで一般の人の目にとまった実績がある
実際にウェンルーが六期生の中で誰よりも話題になっているのも事実
あの指原莉乃もHKTに移籍した当初はメンバーに歓迎されていたわけではない
対面の時に戸惑うHKTのメンバーたちを前にして
”私が来たことで皆嫌かもしれないけれどよろしくね”と涙目で訴えてたあの頃
それが今ではHKTは指原なくしては語れないAKBGの柱となった
指原ほど経験と知名度もないが、ウェンルーの存在もまたXIIが注目される一つの起爆剤になるのは間違いない
アンチが増えれば、その分ウェンルーのファンもXIIヲタも擁護と応援に熱が入る
結果的にこういう世界は盛り上がるのである
実はSNH運営は以前にも同じようなスキャンダラスを逆手にとった試みをしていた
レンレンの降格がそれにあたる
総選挙1位のメンバーを降格させることでHKTに似た状況をチャレンジしてみたのだろう
結果的には平和のまま時が過ぎたけども
そして、、そのようなことが繰り返される環境は同時に危険と隣り合わせである
不人気メンが注目されるためにわざとスキャンダルに持っていこうと企むためだ
それが見透かされた時、人々の関心は逆に冷め切ることになる
このような炎上商法が一線を超えて二番手三番手が現れた時はSNHも気をつけたいものである
もっとも彼女の場合は、自分から計画した覚えもないのに周囲がどんどん荒れてしまっている
それがまた面白いし、誰かを巻き込む力を何かもっている そんな気にさえ思わせてしまう
実際に僕もただSNHを見たいのに、こんな長文を書くほど巻き込まれてるわけで(笑
もちろん、いくら話題性があっても本人が努力しなくては誰も応援してくれないだろう
せっかく入った狭き門のアイドル人生を暖かく迎え入れてくれたファンとメンバーのために悔いなく本気で遂行してもらいたい

   

追記:その後ウェンルーは運営会社から強制退団処分を受けました
過去のことが問題ではなく、在籍中の無断欠席や外泊など度々重なった契約違反行為とのこと
しかし、退団はしかたないとして倍賞請求とはやり過ぎではないかい
どうにもならない炎上に彼女はSOSを出してたと思うんだけどねえ
いろいろ残念な結果となった
 



35:10~ ウェンルーは挨拶と同時に泣きだした
分室さんのサイトには程文路(ウェンルー)の信ぴょう性の高い現地での"噂"が書かれている
http://snh48.info/2016/04/8316/

これを読んで僕が思ったことは 社会の闇は深く複雑だということ
一直線にしか見えなかった自分の未来にもう一つの岐路が現れた時 はたして少女の心境は変わるのかどうか
AKBでも未成年の勤務時間やメンバーの仕事選びは歳相応に徹底しているし
メンバーの過去の素性が第三者に見つかるまでファンに決して明かされることはない
実際に過去の行動がバレていないだけ というメンバーも中にはいるかもしれない
過去の職業に関しては篠田麻里子や松村香織などがキャバクラ嬢として働いていたとあるが、これはあくまでも過去であり職業差別にあたるのでお咎めはない
SNH運営もファンと連絡をとったレンレンを降格させた事例があるので、運営自体が倫理な問題に対して甘いわけではない
時に過去の恋愛についても発覚することはあるが、その問題に影響があるのは”本人の人気”だけである
指原莉乃に至っては元カレに写真を週刊誌に暴露されて支店に左遷されてから現在は総選挙で1位である
どんな闇も本人の問題である以上 本人がなんとかしなければならないし、その過去を背負って活動するしかない
しかし同時にそれは本人の意識によっては人生を変えることも可能だということを意味する
これが指原莉乃の出した”逆転力”の答えである
流した涙は罪悪感の証
ウェンルーは今までの過去を全部捨てたうえで、これからアイドルとしてどれほど忠実に、そしてひたむきに自分を変えられるかに全てかかっている
ファンやメンバーに支えられてどれだけ孤独な過去を消しされるか興味深いところだ
もし悔やんだ過去をバネにできる人間なら、きっとこれから先にも変われるはずである
これが運営が下した判断なら、このようなメンバーを取り入れた以上はファンである我々も冷静な判断においてメンバーを支持していくことになるだろう 冷静というのは現状の彼女の頑張り方である
そして ここまで現地の情報を掘り出してくれた分室さんは中国語が読めない日本のSNHファンにとって本当にありがたく心強い
なぜならファンが抱く”幻想”だけでなくアイドルの背景にあるもう一つの”現実”を見せてくれたからだ
劇場公演において古くはバレリーナの時代から、幕の裏では様々なゴシップは耐えず行われていた
これからはSNHにもどんどんアンチも増えていくでしょう、それが人気と比例するのはAKBで実証済みである
あとはメンバーのメンタルの問題である
そしてそれを支えるファンの気持ちが重要なものとなるだろう

↑このページのトップヘ