"インターネットの世界をより面白く" SNH48グループのインターネット活動を応援するブログ


カテゴリ:BEJ 一期生(SNH五・六期生) > 李媛媛(プリン/リー・ユェンユェン)



中国の番組はよく知らないけど、彼女たちの出る番組なら見るという日本人がここにいる
呼ばれることはありがたいことです
この三人はBEJ各メンバーの代表 ナイスメンバー 
この番組はそんな彼女たちとトークしたり、一緒にゲームなどもするぞ

私を美女とお呼び! ファンレイちゃんw 
本人が一番恥ずかしい言い方で返してやる
よっ 美女!
つかみはOK

それでは彼女たちの勇姿を御覧ください
プリン無双www

ファンレイちゃんも意外とトークいけるやん!
ここまでできれば上等上等

21:05  GNZの黒歴史まだ言われるかww

最後、粉の中から豆を見つける飴食い競争に房蕾が挑戦!

別吐槽我的歌BEJ房蕾

しかしこの子はまだマシなほう
先輩たちはもっとひどかったww
別吐槽我的歌BEJ

香辛料www
この悲惨な姿を可愛可愛で片付けるMCもひでーなww


あと個人的に共感したこと 
人数多すぎて本人と公式写真が混乱する
別吐槽我的歌BEJb

めっちゃわかる~ww
まず動画で顔を見て写真を探すところから入るよね
BEJも似てる子多いから苦労しましたよ
髪型とホクロなどの特長は重要な手がかり

 

ファンレイちゃんや!
プリンちゃんもいる!
青さんもいる!
各チームから一人づつですね
ベストメンバー!ありがとう b

何の番組で誰が座ってるのかも知らないけれど
踊ってる彼女たちを全員知ってる
そんな世界もあるんです それがアイドル


180410 苦海無涯 回頭是我

え、これ恋愛話なの?
お菓子食べてる子供に見えるのだがw
でも髪飾りが綺麗~

6:15 あいうえお      
日本語勉強して偉いね!!

過保護キャラ
グループ全400以上のメンバーを見ても、この子と同じタイプは他にいないよね
ちょっとそのへんぶらぶらしても、また立ち寄りたくなる魅力がある
彼女だけが出せるアイドルの色 かわいいね


狼人殺直播失敗啦~那我.. 



あ、プリンちゃんだ 配信できて偉いね!
なるほどなるほどって問題作るの君かーーい
A~Fって多いなFとか完全に考えてるだろw
なんだろうこの、まったり平和な放送は  
彼女にしか作れない空気だね

 

いいねチームE、今日も元気だね 笑顔も素敵
何だかんだ言いましてもBEJで人気があるのはチームEだろうと思うわけです
いつ誰が公演を見てそれをネットの感想に伝えるかわからない抜き打ちチェック
あなたたちは毎回劇場にいて毎回同じことをやりますが
ほとんどのファンは毎回公演を見ておらず、中には初めて劇場を見に来る人だっている
この一瞬が誰かに刻まれる思い出の1ページ
今でもまだ公演を見たいと思う気持ち、それらを作るのはあの時作られた思い出
過去の思い出を作れるアイドルは未来に強くなる
カメラが回ってる時間は全員がシンデレラのお姫様
もっと言うならば24時間のうち23時間30分はアイドルであれ
残りは偶像ではなく人間としての開放時間
これがないとどんな多忙な芸能人でも壊れちゃうからね
泣いて叫ぶのは悪いことじゃない 生きる上で自然なこと
アンコール後の盛り上がりからラストのハイタッチまで
終わり良ければ全て良し ちゃんと守ってるチームE
一番疲れてる時間なのはみんな知ってる、その時に何ができるかに共感が生まれる
みんな同じように頑張って働いて、お金を払ってここに来てるんだから
たまたま見た公演で、これだけ元気な力を見せられるのはさすがだよ


さて北京の運営はどのチームを推していくのか
ファンの一人である自分はそれに逆らい、認めるだけである

陈倩楠 冯思佳 李娜 李娜(小) 李想 李媛媛 李梓 刘胜男 罗雪丽 苏杉杉 杨一帆 张笑盈 郑一凡



プリンちゃん?
普通の配信だよ?
赵晔 助けてあげて!
プリンちゃんの咀嚼音待ち

せっかくなので配信 
  
プリンちゃんは外国人にも人気だね
前にとある女優のドラマでアフレコして遊んでたけどもちょっと違和感あったね
この顔が本当に丁度いいんだわ 

 

めったにメンバーのラジオ放送は聴かないんですけどね
プリンちゃんの声いいよね。大好き。これ転載しようか迷ってるうちに時が経ち~
でもアップしてくれる人がいました~ありがとうございます
彼女のWeibo見ていただければわかりますが、わりとやる頻度が高いので気に入ったらチェックしてみてください
そしてこのBEJ動画などをアップしてくださっている台湾fansさんの説明部分を見てください。
ご丁寧に各動画にちょっとした解説が書いてあります。こんな部分もチェック!

リコーダーwww 寝る前にやるものじゃねえw


↑このページのトップヘ