"インターネットの世界をより面白く" SNH48グループのインターネット活動を応援するブログ


タグ:チームJ



ファンレイちゃん!かわいい
最近チームJメンバーがね
綺麗になってるんです!

weibo見ててもね、どんどん綺麗になっているのがわかる
どうしたって?女性が綺麗になる理由は一つしかない。
誰かに見られているという意識
女性を綺麗にさせたいならとにかく見ろ!
それができるのは目の前にいるファンの方々
見てるよ~! 端も後ろもちゃんと! 
誰かの興味がなければ君の姿なんか存在ない 
”好きを伝える”
たったそれだけの行動でこの世界は変わる、日本も中国も。
どうやるのって?それはね、”自分”で決めなよ 
僕は常に感想を述べるだけ、君たちに惹かれたから見てる

 

本当に綺麗になった

 
ep1 171112

チームJメンバーの手に玩具の虫を乗せる
wwwwwwwww
こんなくそ面白い映像あったんだなw
やっぱファンが動画あげてくれないと全部見きれないんだわw

新作ep3 180403  ニョロニョロアタック
  

結構飛ぶw

 

4:55 手を握ってにらめっこ
これ何の勝負だよw

7:05 全員腕立て伏せ 
からの~ 张怀瑾 かわいい

9:45 だから何の勝負だよw

11:40、12:45 ~ 任心怡、ほぼできてないというw  かわいいw

14:45 腹筋 陈雅钰   かわいい

16:33  刘一菲 腕立て かわいい

感想、かわいい

 

いつものようにJ公演はYoutubeブロック
このチームの公演は今までずっとそうだった
たった1,2曲のそんなつまらないことで彼女たちを紹介できないのは忍びない
ということで管理人の好きな曲と共に紹介しよう

かわいいのが房蕾ちゃん 元気なのが任心怡
目がでかいのが刘一菲 触覚なのが王雨煊  
面白そうなのが兰昊 背が高いのが孙语姗

あとその他もろもろ。 わかります、わかりますよ~
许婉玉と陈雅钰のどっちの玉がどっちだっけと思うぐらい

やっぱ劇場は人数が揃うといいですね~
後ろのゴールポストがしっかり隠れてうかつにボールは蹴れません

总有一天

かっこいいね

青春不散

SNHオリジナル曲の中でもこれは本当に名曲
光と影の照明表現が逸品

燃烧的道路 温布顿之梦

これも名曲 

彼女たちのように何も知らないアイドルの新人こそAKB曲を踊るべきだと思うのだが


MC


房蕾 任心怡 王雨煊 刘一菲 杨晔 刘闲 孙语姗 兰昊 张怀瑾  许婉玉 金锣赛 陈雅钰 叶苗苗  何阳青青 乔钰珂

いつものように転がるブロック公演のチームJ
まぁお目当てのあの子とあの子が見れればOK~ 

房蕾 cut 燃燒的道路(房蕾 任心怡)>>向日葵(房蕾 任心怡 孙语姗 刘一菲)>>ハイタッチシーン

ありがとうございます~
他も一通り見たのですがメンバーも10人ほどしかいなくて穴がぽっかり
全体曲はあまり見せられたものではないのでいつものように房蕾&任心怡
孙语姗と刘一菲を含め、ルルやアランもいるし個人的には問題ないw
最後のハイタッチも力が伝わっていいね~

都是夜風惹的禍(黃恩茹)

やっぱり彼女はソロ曲、疲れた耳にルルが効く

それでもね、全体曲を見ましょうか


お気に入りの二曲です
立ち位置の中心の穴は思わずサッカーボール蹴りたくなるゴール状態
でもメンバーはいいんですよ!かわいいから!
房蕾ちゃんで3人ぶんぐらいの輝きあるから問題ない?

MCはこちら

刘一菲いいね この子も人気でそう

房蕾 何阳青青 黄恩茹 金锣赛 兰昊 刘一菲 乔钰珂 任心怡 孙语姗 张怀瑾


ノエルの夜

このチームにもこの曲が与えられた
素晴らしい名曲はいつどこであっても名曲である
クリスマスはどこの誰の前でもクリスマスである
それを潰しているのは、いつもつまらない大人の考え方
この日のために作られたAKBの素晴らしい名曲がね、確かにここにあるんだよ
いいね、チームJ 見えてきた



ファンレイちゃん!
ユーシャンちゃん!
レンシンイーちゃん!
猫丸も触覚ちゃんもイーフェイちゃんも知ってるので
チームJ貼りたいんだけどもだいたい全場はブロック
指Pイコラブを人質にとられてるのでソニーさんを責められないというもどかしさw
AKSがいかに寛容かがわかります



オーディション場面ですかね
触覚!王雨煊 ユーユェン
スン・ユーシャンかわゆすなー
ファンレイちゃんww 猫丸ww Swag!!
ミャオミャオは相変わらず萌え声だな 釣るよねー
そしてレン・シンイー 炎上路線!おでこキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! えw
審査員冷めすぎだろw
ちょっとずつチームJも覚えてきましたよ
彼异界播报の効果はすごいね
わらいのツボは人それぞれ、覚えられるタイミングも人それぞれ

↑このページのトップヘ