"インターネットの世界をより面白く" SNH48グループのインターネット活動を応援するブログ


カテゴリ:SNH 二期生 > 易嘉爱(愛ちゃん/イー・ジャーアイ)



さぁ歌声に定評がある二期生の歌姫、愛ちゃんのソロステージです。
自粛自粛でなかなか外出できないという方も、ご自宅で可愛いアイドルのステージを視聴しながらバーにいる気分で一杯やってみたらいかがでしょうか?

大人アイドルたちが歌う中国語のバラード曲、なかなか味があって良いのです


こちらは彼女の自作曲 「給你」



そして日本人が知ってる歌を聴くと一気に歌謡ショーっぽくなる~
ダンシング・ヒーロー


ソウルやポップス、各種様々な歌姫はいますが、彼女は大学で声楽を専攻するガチです
そんな彼女の「Think Of Me」がヤバすぎた!


日本のアイドル曲から欧米のオペラ曲まで世界を歌う愛ちゃんでした

a04b2a1dly1gdk9jbkt4tj21un18gnpd
a04b2a1dly1gdk9jajobwj21un18gu0x
a04b2a1dly1gdk9jd4onhj218g1unkjl
a04b2a1dly1gdk9j7wqi0j21un18gqv5
a04b2a1dly1gdk9j97gywj218g1unhdt



 

さぁSNH48最強チームNIIと、未知数を秘めたチームXのコラボステージ
名付けて「最強的未知数」公演!ネーミングが凄いw おらワクワクすっぞ中二病
歴史的人気を誇ったチームNIIと全てのオリジナル公演を人気に収めたチームX
この2つのつながりがSNH48の新しい扉を開く
愛ちゃんの零和游戏 

インチーちゃん!


ココイの大回転!


a04b2a1dly1gdj9zlg53kj22ip1ohqv8
a04b2a1dly1gdj9zcg71ij24c02w01l2
a04b2a1dly1gdj9zfct7wj22ip1ohe84
a04b2a1dly1gdjaqvwxigj215o1jlhdt
a04b2a1dly1gdj9zhbxqgj22ip1oh7wk
a04b2a1dly1gdj9znotdvj22ip1oh4qs
a04b2a1dly1gdj9zjeg31j22ip1oh4qs
a04b2a1dly1gdj9m7299bj215o1jlkjl
若手も中堅もベテランも交えて革新的な公演を示した
この3つの世代それぞれを、推しとは言わなくてもファンとして心に持ってほしい
古参ファンの一つの言葉だけでも、何もない若いアイドルはこの業界で救われるからだ
多くの指原ファンが、そのデビューからイコラブ、ノイミーの活動の中にいる。
=LOVE(イコラブ)MV「CAMEO」映像ラスト、緑色スプレーで壁に描かれたXの文字
共鳴かライバルか、水面下では知らない世界がきっとあるのです
=LOVECAMEO3
なお青スプレーもNIIの文字に見えなくもない
全て憶測ですが、それでいいじゃないか 芸能の世界 

 

老いも若きも人生様々
歌う場所はいつもの練習室
しかし彼女の歌声にはどことなく哀愁が漂い
どのような人にも受け入れられるでしょう
ですが首に掲げたストラップは場違いにも思えます
それでは聴いていただきましょう
易嘉爱で消愁


オリジナル
毛不易《消愁》

 

愛ちんの日常です。起きてすぐのベッドメイキングマジで偉すぎ!
いつも酔って掛け布団に寝て起きた時に身体痛い~寒い~という自分とは大違いである!
そして歯磨きタイムww いいっすね~清潔!
前回は白いパーカーですけど、今回は赤!パーカー似合う子好き
公演と登校ですか? 学生とアイドルの両立は大変ですよ
こんな子が隣に座ったら授業なんて集中できない! 
消しゴムあるけどないから貸してっていう!

 

上海から深センへ いつも大変ですな。
通学が飛行機www でっかい大陸ではよくある光景なんだろうね
その利用率にしては事故のニュースとか聞かないから凄い交通機関だと思うよ
女の子ってカラフルにノート盛るよね~。おれ黒しか使ったことないわ
最近の寝起きの動画なにww めっちゃいいやん。 台本とかないから!
起きたらまずはベッドメイキング。  さすが しっかりもの!!
エスカレーターはつま先を揃える さすが完璧主義!!
コンビニでお買い物 さすが女子大生!

ホワイトデーということですか真っ白な服
いっぱい食べて、いっぱい動いて、いっぱい考える
生きてる一日を楽しんで充実させてほしいね






 

愛ちゃんのVLOGです ちょびっと学校紹介
アイドルも、衣装を脱げば一人の女の子
セーラームーンだって普段は一人の学生ですからね
でもそんな何気ない日常を過ごす女の子をみんなが特別視できるのは 
やっぱり彼女がアイドルだから
どこでも大学はいろんなの揃ってるな~

↑このページのトップヘ